KSCS

自在枠構造

画面(デスクトップ)内のどの位置にも枠を設定することができます。枠内には、単一のボタンやコンポーネントだけでなく、複数のコンポーネントをセットにしたものも入れ子にできます。その場合、挿入された一群のコンポーネントは枠に合わせてサイズが自動調節されます。全てのコンポーネントは、枠領域の外にはみ出すことがなく、スクロールの必要がありません。

画面(デスクトップ)内のどの位置にも枠を設定することができます。

枠内には、テキストや画像の他に、時計やカレンダーなどの実行可能な部品、さらにはKI言語で書かれた各種のアプリケーションをコンポーネントとして挿入することができます。

その場合、挿入された一群のコンポーネントは枠に合わせてサイズが自動調節されます。

全てのコンポーネントは枠領域の外にはみ出すことがなく、スクロールの必要がありません

feature033.jpg

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-09 (水) 08:47:58 (490d)