KSCS

ボタンへのこだわり

ページ上のあらゆる要素を一発でボタン化できます

透明なボタン、斜めになったボタン、回転するボタンなど、あらゆる種類のボタンをサポート

文字、画像、部品などを含む任意の領域をボタン化できます。また、ボタンに触れる、ボタンを押す、ボタン上を移動する、ボタンを離すというアクションに対して、様々な機能を割り当てることができます。ボタンとテキストボックスだけをUIとするKSCSでは、徹底してボタンにこだわっているのです。

WEBアプリケーションでは、特別な仕組みを作りこまない限り、ボタンを押したときにボタンが変化しないため、ユーザは、操作感が得られません。これが、ページ切替の遅さとあいまって、WEBアプリケーションの操作性の悪さにつながっています。KSCSでは、任意の領域をボタン化しただけで、触れたとき、押したときに、ボタン色が変化し、また、ボタン内の要素がわずかに動くことで、適切な操作感が得られます。

feature063.jpg

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-09 (水) 08:49:07 (490d)