トップへ戻る

KI言語とは

  • レイアウトの構造化

KI言語では、枠挿入という考え方によって、レイアウトの構造化を実現しています。そのため、ページの任意の場所に、ボタン、文書、図といったページ要素を配置でき、しかも、プログラムによって動的に挿入、削除できます。

  • ページ要素の調整能力

 ボタン、文書などのページ要素は、高度な調整能力を持つため、ページや領域のサイズや形が変化しても、常に適切な表示が行われます。そのため、ページのサイズや形を自由に変えることができます。

  • ページの入れ子構造

 KI言語の実行単位をキーセットと呼びます。キーセットには、レイアウト、スタイル、プログラム、データなどKI言語実行のために必要な情報がすべて含まれています。キーセット自体もページ要素であるため、キーセットをページの任意の場所に配置できます。つまり、ページは、キーセットの入れ子によって成り立っているのです。入れ子にするキーセットは、プログラムで動的に指定できます。

  • ソースコードへの書き戻し

 KI言語は、インタープリタです。KI言語インタープリタであるSaLAがソースコードを読み込み、実行します。メモリ上にあるキーセットは、任意のタイミングでソースコードに書き戻すことができます。そのため、ユーザ操作によって変化したページをそのまま保存したり、また、ネットワークを通して送ったりできます。

  • スタイルの分離

 背景色、文字の種類・色、枠の形状・色・太さといったスタイル情報をレイアウトとは、独立して持つことができます。そのため、複数ページにわたるスタイルを一括して管理できます。

  • 拡張性

 SaLAから独立したマネージャと呼ばれるプログラムを作成することで、SaLAの機能を拡張することができます。マネージャを作成することで、様々なインターフェースやデータベースにも対応できるようになります。

  • UUIへの対応

 ボタンだけであらゆる操作が可能、スクロール不要で、すべての情報がユーザに見えるといったUUI環境を提供します。

KI言語レファレンス

KI言語に関するQ&A

  • 言語で何が実現できますか?

KI言語は、シンプルな構造を持つインタープリタですが、きわめて強力な言語です。あらゆるタイプのアプリケーションの作成だけでなく、アプリケーションを起動するためのメニューやデスクトップ作成も容易です。また、KI言語で書かれた開発環境も持っています。起動から終了までのすべてがSaLA上で完結できるインタープリタ型のオペレーティングシステムと言えるでしょう。

  • KI言語、KSCSは、インターネットとどういった関係がありますか?

WEBと同様の仕組みを作ることができます。つまり、インターネットのWebサイトにKI言語のソースコードを置くだけで、KSCSのサイトが構築できます。その際、PHP、データベースなど既存のサーバサイドを利用可能です。ソースコードの場所による機能の制約がなく、ソースコードがコンパクトなので、写真を多用しない限り(図形はドロー系の描画をサポートしている)、ローカルとインターネットの違いをほとんど感じることがありません。

  • Webブラウザで表示させることはできますか?

現在のところ、Webブラウザ内での表示は、できません。技術的には、可能ですが、KI言語とHTMLの思想とは、大きく異なるため、将来どうするかは、今後の検討課題です。

逆に、SaLA内にWebブラウザを組み込むことは可能です。

  • HTMLとの違いは何ですか?

HTMLは、文書整形、表示のための言語なので、元々、レイアウト概念がありません。終わりのない巻物形式となっており、スクロール操作が必須です。操作性がほとんど考慮されていないと言ってもいいでしょう。また、プログラミング機能も元々は持っていません。一方、KI言語は、操作性を重視したレイアウト主導型のプログラミング言語です。

HTMLの特徴としてもう1つ重要なのは、リンクの概念です。最近は、バナーやサムネイルがリンクに使われることも多いですが、いずれにせよ、HTMLのリンクは、飛び先を指定しているだけです。したがって、リンクが切れていても、クリックするまで分かりません。一方、KI言語では、ページの一部を別サイトキーセットに割り当てることで、リンクを実現しています。つまり、そこに表示されるのは、リンク先そのものです。言わば、ページの一部をリンク先のサイトに分譲しているようなもので、そこに何を表示するのかは、リンク先に任されています。

  • XMLとの連携は可能ですか?

XMLを読み込んで処理することができます。また、XMLへの出力機能も、実装予定です。基本的にKI言語のソースコードもXMLも木構造を持つため、相性がいいと言えます。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-08 (火) 19:06:22 (491d)